2021年10月4日(月)

*このところコロナの陽性者数が激変しています。私にはその理由がいま一つ解りませんが、ワクチンの接種者が増えてきたからだという考えも一方にはあります。ただ、そのことによってワクチンを接種しない方々への偏見も増えてきているようです。共同通信のアンケートによると、8県(長野・石川・三重・岐阜・和歌山・鳥取・徳島・高知)が条例で未接種者への差別を禁止、埼玉など27道府県は、国がさらに対策を進める必要があるとしているそうです。コロナの蔓延でみんながとっても苦しい思いをしている上にそのコロナによる差別が生まれるなんてとても許しがたいことです。2月に施行された新型コロナ対応の特別措置法が、差別対策は国と自治体の責務としています。市町村では、那須塩原市や明石市が既に条例を制定しています。さいたま市でも取り組まなければならない課題だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です