2020年10月22日(木)

  • JR東日本は来春のダイヤ改定で、山手線など17路線の終電時刻を37~3分程度早めると発表しました。県内では、高崎、宇都宮、京浜東北、埼京・川越、武蔵野線の5路線。閉店時間を早くしなければならない飲食店にとっては痛手になるけれども、終電後に行うホームドア設置や駅改良の工事などに使う時間が増えるということもあるそうです。
  • 大野埼玉県知事は関東地方の知事によるウエブ会議に出席して、重度障害者向けグループホームに対する国庫補助金の充実を知事会として国に要望するよう提案しました。県内では2019年度末までに計972ヶ所、5769人分が整備されましたが、重度障害者の受け入れ可能な施設は不足しています。
  • 家族の介護を一人で背負う介護者が「迷惑かけたくない」という思いから介護している妻や夫、子どもを傷つけたり、最悪の場合命を奪ってしまうという事件が県内でも後を絶ちません。高齢者が高齢者を介護する老々介護や核家族の増加、それにコロナによって孤立せざるを得ないという現状も大きな原因の一つになっているようです。埼玉県では介護する人(ケアラー)を応援する「ケアラー条例」が制定されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です