2021年3月24日(水)

*さいたま市の人事異動が発表されました。気になるのは幹部職の女性登用数です。女性の局長昇格はなかったものの課長以上の管理職872人のうち女性は187人で、登用率は21.4%となり、前年度を0.2ポイント上回り、過去最高とのこと。市は女性活躍プランを来年度から見直し、2025年度までに女性管理職の割合を27%にする目標を設定しました。人員配置ではコロナ対策強化で保健所の体制を183人から12人増員して195人としました。深刻化する児童虐待の対応に専門職19人を増員し、南北児童相談所を計158人体制にしました。その他生活保護の担当職員を12人増員しました。増員した体制でどのように取り組んでいくかしっかりとみていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です